スポンサード リンク

腸内洗浄の危険 水道水

腸内洗浄には水を使えば大丈夫、などと安易に書かれているサイトをよく見つけます。家庭の水道水を人肌(36〜7度くらい)に暖めて、市販されている腸内洗浄用のキットを使って手軽に腸内洗浄を行えます、といううたい文句ですね。

ところが、腸内洗浄に水道水を使うというのはとても危険なことなのです。皆さんご存知のように、水道水には消毒のため塩素やカルキが含まれています。

日本の水道水は世界でも珍しく飲料水として使うことができます。日本の水道法では過程の蛇口から出る水の中に0.1PPM以上の残留塩素を含んでいることが義務付けられています。上限がありませんので、塩素濃度は規定「以上」であればいくら入れてもかまわないという態度なのです。しかし、それほど大量の塩素を混ぜることによって原水に含まれる汚染物質と塩素が化合してトリハロメタンという発がん性物質が発生してしまいます。

また原水が汚染されていればいるほど、硝酸塩を含有する可能性も増えます。これは汚染によって藻類が繁殖して水道水中に流れ込むことで発生します。

腸は水分を吸収しやすい臓器です。上記のような危険な物質を大量に含む水道水を腸内洗浄に利用することがとても危険であるとお分かりいただけると思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。