スポンサード リンク

腸内洗浄 コーヒー・アベ式洗腸

腸内洗浄は別名、洗腸とも略されます。一般に腸内洗浄の種類としていくつかの洗腸方法があります。一般的なものはコーヒー洗腸です。

なぜコーヒーかというとカフェインやテオフィリンという物質が腸から吸収されることで胆管を広げる効果があり、これにより肝臓がより多くの毒素や老廃物を排出しやすいような働きをする、といわれています。これは口から飲んでも同じ効果はないそうで、浣腸や腸内洗浄の際に使うことが有効といわれています。

しかし、あくまで腸内洗浄=洗腸は専門の医師のもとで行う医療行為なので、個人で行うことは危険が伴うとともに、すべてが自己責任となってしまいます。コーヒーの効果が、手軽な洗腸を良しとするものでないことは気をつけていたほうがいいですね。


アベ式洗腸療法などといわれているものが、阿部智浩氏の考案した洗腸・整腸療法です。阿部氏によると、腸内腐敗は万病の元であるのでそれを一掃するのが、洗腸・整腸療法ということです。阿部氏の主張は確かに納得できる部分も多々あります。しかし、ここでは素人が手軽な腸内洗浄キットを手に入れて、各自勝手に行ってよいとは書かれていないのであって、これを論拠に自分で洗腸を行う論拠とするには飛躍がありそうです。

阿部氏の著作では万病の元である腸内腐敗の予防法と解消法を紹介しています。食べ物による整腸療法、水による整腸療法、腸内腐敗を解消する洗腸療法などさすが専門家として、多様な視点からの主張となっています。

序章 健康法に関する基本的な考え方
第1章 病気はどうして起こるのか
第2章 どうすれば病気は治るのか
第3章 腸内腐敗を放置して病気は治らない
第4章 水による整腸療法
第5章 食生活による整腸療法
第6章 アベ式洗腸療法の実際
第7章 便秘は立派な病気
付録 精神的毒素(ストレス)の解消法


いずれにせよ、毎日排便がある人が安易に洗腸に手を出すと、自然な排便機能を弱める結果になります。また、腸内洗浄=洗腸はつねに腸が破裂する危険を伴った危険な行為であることを頭にとどめて置いてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。